Movable Type CMSプラットフォーム Movable Type
ドキュメントサイト

Template Tag Referenceテンプレートタグリファレンス
  • MTAdminScript

    管理プログラムの CGI スクリプトの名前を設定する、環境変数 AdminScript で設定した値を出力します。環境変数を設定していない場合は、mt.cgi が出力されます。

  • MTApp:ActionBar

    このテンプレートタグは主に Movable Type の管理画面で使用されます。一覧画面や編集画面のアクションのストリップのためのアプリケーションテンプレートのマークアップを生成します。

  • MTApp:Form

    このテンプレートタグは Movable Type の管理画面の各フォーム等で使用されます。

  • MTApp:Link

    このテンプレートタグは主に Movable Type の管理画面で使用されます。

  • MTApp:ListFilters

    このテンプレートタグは主に Movable Type の管理画面で使用されます。

  • MTApp:Listing

    このテンプレートタグは主に Movable Type の管理画面で使用されます。

  • MTApp:PageActions

    このテンプレートタグは主に Movable Type の管理画面で使用されます。

  • MTApp:Setting

    このテンプレートタグは主に Movable Type の管理画面で使用されます。

  • MTApp:SettingGroup

    このテンプレートタグは主に Movable Type の管理画面で使用されます。

  • MTApp:StatusMsg

    このテンプレートタグは主に Movable Type の管理画面で使用されます。

  • MTAsset

    id モディファイアで指定した単一のアイテムを表示するためのブロックタグです。

  • MTAssetAddedBy

    アイテムを追加したユーザーの表示名を表示します。表示名の設定が無い場合は、ユーザー名を表示します。

  • MTAssetCount

    ブログで管理しているアイテムの数を表示します。アップロードした画像ファイルから生成されたサムネイルのアイテムはカウントされません。 singular、plural、none モディファイアは、カウントした数の代わりに出力する内容を指定します。

  • MTAssetDateAdded

    アイテムの追加日時を表示します。モディファイア format と language を指定して、日時の表示方法を変更できます。

  • MTAssetIfTagged

    特定のタグがアイテムに付けられているときに囲まれた内容を処理するブロックタグです。tag モディファイアでタグの名前を指定します。

  • MTAssetIsFirstInRow

    MTAssets ブロックタグとあわせて使用し、画像の一覧を作成する際、MTAssets ブロックタグ に設定した assets_per_row モディファイアで設定した一行に表示する件数に応じてコンテナした内容を表示します。 MTAssetIsFirstInRow ブロックタグは、行頭にコンテナした内容を表示します。

  • MTAssetIsLastInRow

    MTAssets ブロックタグとあわせて使用し、画像の一覧を作成する際、MTAssets ブロックタグ に設定した assets_per_row モディファイアで設定した一行に表示する件数に応じてコンテナした内容を表示します。 MTAssetIsLasrInRow ブロックタグは、行末にコンテナした内容を表示します。

  • MTAssetLabel

    アイテムを追加する際に入力した『名前』を表示します。

  • MTAssetLink

    アイテムファイルへのリンクを表示します。new_window モディファイアを設定するとアイテムが新しいウィンドウで表示されるようになります。

  • MTAssetMimeType

    アイテムの MIME Type を表示します。例えば HTML 文書であれば text/html と、jpg イメージであれば image/jpeg となります。

  • MTAssetProperty

    property モディファイアに表示したいデータを設定し、アイテムの詳細データを表示します。

  • MTAssetRank

    アイテムに付けられたスコアを一定の範囲内でランク付けします。数値が小さい方が頻度が高くなります。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTAssets

    ブログのアイテム一覧のためのブロックタグです。モディファイアを指定することで、特定の条件にあてはまるアイテムだけを抜き出すことや、日付順で指定した数のアイテムを一覧することができます。

  • MTAssetScoreHigh

    アイテムに付けられたスコアの中で一番高いスコアを表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTAssetScoreLow

    アイテムに付けられたスコアの中で一番低いスコアを表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTAssetsFooter

    MTAssets ブロックタグの中で、最後にだけ実行するブロックタグです。

  • MTAssetsHeader

    MTAssets ブロックタグの中で、最初にだけ実行するブロックタグです。

  • MTAssetTags

    特定のアイテムに設定されたタグの一覧のためのブロックタグです。glue モディファイアを使うと、タグの区切り文字を指定できます。

  • MTAssetThumbnailLink

    アイテムの種類が画像 (image)の場合、オリジナルファイルへのリンク付きのサムネイルを表示する XHTML タグを表示します。サイズを指定するモディファイアを併用して、サムネイルのサイズを指定することができます。サイズを指定しない場合は、オリジナルファイルと同サイズのサムネイルを生成して表示します。

  • MTAssetThumbnailURL

    MTAssetThumbnailLink がサムネイルを表示する img 要素を表示するのに対し、MTAssetThumbnailURL はサムネイルの URL のみを表示します。

  • MTAssetType

    アイテムの種類を表示します。 画像 (image) オーディオ (audio) ビデオ (video) アイテム (asset)

  • MTAssetURL

    アイテムのオリジナルファイルへの URL を表示します。

  • MTAuthorAuthIconURL

    ユーザーアカウントの作成元のサービスを示すアイコンの絶対 URL を表示します。例えば LiveJournal のアカウントでサインインしてコメントした場合、 のような画像の絶対 URL が表示されます。

  • MTAuthorAuthType

    ユーザーの登録先システムを表示します。通常は Movable Type を示す MT です。

  • MTAuthorDisplayName

    ユーザー情報の編集画面で入力した『表示名』の内容を表示します。

  • MTAuthorEmail

    ユーザー情報の編集画面で入力した『電子メール』の内容を表示します。

  • MTAuthorID

    ユーザーの ID 番号を表示します。

  • MTAuthorName

    ユーザー作成時、または、ユーザー情報の編集画面で入力した『ユーザー名』の内容を表示します。 ユーザー名は管理画面へのサインインに使用されるため、ブログ上での表示には MTEntryAuthorDisplayName ファンクションタグの利用を推奨しています。

  • MTAuthors

    ブログに登録されているユーザー一覧のためのブロックタグです。モディファイアを指定することで、特定の条件で並べたり、一覧するユーザーの数を限定できます。

  • MTAuthorScore

    ユーザーに付けられたスコアの合計を表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTAuthorScoreAvg

    ユーザーに付けられたスコアの平均スコアを表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTAuthorScoreCount

    ユーザーに付けられたスコア合計回数を表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTAuthorScoreHigh

    ユーザーに付けられたスコアの中で一番高いスコアを表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTAuthorScoreLow

    ユーザーに付けられたスコアの中で一番低いスコアを表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTAuthorURL

    ユーザー情報の編集画面で入力した『ウェブサイト URL』の内容を表示します。

  • MTBlogCategoryCount

    ブログの総カテゴリ数を表示します。複数のブログを運用しているとき、下記のモディファイアを指定すると、複数のブログに登録されているカテゴリの数を表示します。

  • MTBlogCCLicenseImage

    ブログの設定で選択したクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのバナー画像の URL を表示します。

  • MTBlogIfCommentsOpen

    ブログでコメントを受け付けるよう設定していて、且つ、認証方式の設定において匿名ユーザーからコメントを受け付けるよう設定している場合に、このタグで囲んだ部分を実行します。

  • MTBlogPageCount

    ブログの総ウェブページ数 (公開している) を表示します。複数のブログを運用しているとき、モディファイアを指定すると、複数のブログのウェブページの合計数を表示します。

  • MTBuildTemplateID

    ファイルの出力元となるテンプレートの ID 番号を表示します。

  • MTCaptchaFields

    CAPTCHA 認証を利用するよう設定している場合、認証用の画像とインプットフィールドを表示します。

  • MTCommentBlogID

    コメントが投稿されたブログの ID 番号を表示します。

  • MTCommenterAuthIconURL

    コメントしたユーザーがどのサービスのアカウントでサインインしてコメントしたのかを示すアイコンの絶対 URL を表示します。例えば LiveJournal のアカウントでサインインしてコメントした場合、 のような画像の絶対 URL が表示されます。

  • MTCommenterAuthType

    コメント投稿に使用したユーザーアカウントの作成元サービスの名前を表示します。例えば、Movable Type アカウントの場合は MT、LiveJournal のアカウントの場合は LiveJournal と表示されます。

  • MTCommentIfModerated

    対象のコメントが『保留中』の場合に真となる条件ブロックタグです。管理画面やメールテンプレートなど、実際にはコメントが公開されていない場面で利用します。

  • MTCommentParent

    コメントに親コメントがある場合に、親となるコメントの情報を出力するためのブロックタグです。

  • MTCommentRank

    コメントに付けられたスコアを一定の範囲内でランク付けします。数値が小さい方が頻度が高くなります。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTCommentReplies

    コメントが親コメントである場合、子 (返信) コメントの情報を表示するためのブロックタグです。

  • MTCommentRepliesRecurse

    MTCommentReplies ブロックタグの内容を再帰的に表示します。

  • MTCommentScore

    コメントに付けられたスコアの合計を表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTCommentScoreAvg

    コメントに付けられたスコアの平均スコアを表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTCommentScoreCount

    コメントに付けられたスコア合計回数を表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTCommentScoreHigh

    コメントに付けられたスコアの中で一番高いスコアを表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTCommentScoreLow

    コメントに付けられたスコアの中で一番低いスコアを表示します。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTEntryAssets

    特定の記事で利用しているアイテムの一覧を表示するためのブロックタグです。記事アーカイブか、MTEntries ブロックタグの中で利用できます。

  • MTEntryAuthorID

    記事またはウェブページを作成したユーザーの ID 番号を表示します。

  • MTEntryClass

    コンテンツが記事かウェブページかを表示します。MTEntryClassLabel タグと異なり、ユーザーの使用言語設定にかかわらず、entry もしくは page と表示されます。 例えば MTComments ブロックタグを単独で利用する場合、記事とウェブページ両方のコメントを表示するので、どちらに投稿されたコメントなのかを判断することができます。

  • MTEntryCreatedDate

    記事の作成日時を表示します。作成日時は公開日時ではなく、実際に記事を作成した日時です。モディファイア format と language を指定して、日時の表示方法を変更できます。更新保存された日時を表示する場合は MTEntryModifiedDate ファンクションタグを利用します。

  • MTEntryRank

    記事に付けられたスコアを一定の範囲内でランク付けします。数値が小さい方が頻度が高くなります。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTEntryScore

    記事に付けられたスコアの合計を表示します。

  • MTEntryScoreAvg

    記事に付けられたスコアの平均スコアを表示します。

  • MTEntryScoreCount

    記事に付けられたスコアの合計回数を表示します。

  • MTEntryScoreHigh

    記事に付けられたスコアの中で一番高いスコアを表示します。

  • MTEntryScoreLow

    記事に付けられたスコアの中で一番低いスコアを表示します。

  • MTFeed

    uri モディファイアで指定したフィードの内容を表示するためのブロックタグです。 このタグは標準プラグイン Feeds.App Lite で提供されます。Feeds.App Lite で提供されるタグはダイナミックパブリッシングには対応していません。

  • MTFeedEntries

    MTFeed ブロックタグで指定したフィードの内容を表示するためのブロックタグです。モディファイアで表示件数を指定できます。 このタグは標準プラグイン Feeds.App Lite で提供されます。Feeds.App Lite で提供されるタグはダイナミックパブリッシングには対応していません。

  • MTFeedEntryLink

    読み込んだ RSS フィードにある個別ページの URL を表示します。 このタグは標準プラグイン Feeds.App Lite で提供されます。Feeds.App Lite で提供されるタグはダイナミックパブリッシングには対応していません。

  • MTFeedEntryTitle

    読み込んだ RSS フィードにある個別ページのタイトルを表示します。 このタグは標準プラグイン Feeds.App Lite で提供されます。Feeds.App Lite で提供されるタグはダイナミックパブリッシングには対応していません。

  • MTFeedInclude

    uri モディファイアで指定した RSS フィードを、あらかじめ決まったフォーマットで表示するためのファンクションタグです。出力フォーマットがあらかじめ決められているため、フィード URL を指定するだけで簡単に表示できます。 出力フォーマットは ul タグを使用するリスト形式で、以下のテンプレートを記述した場合と同じ内容が出力されます。 <mt:Feed> <h2><$mt:FeedTitle$></h2> <ul><mt:FeedEntries> <li><a href="<$mt:FeedEntryLink encode_html="1"$>"><$mt:FeedEntryTitle$></a></li> </mt:FeedEntries></ul> </mt:Feed> lastn モディファイアを利用すれば、出力件数を制御できます。 出力形式をカスタマイズしたい場合は、feeds app lite タグが設定されたテンプレートタグ一覧で表示されるテンプレートタグを使用してください。 このタグは標準プラグイン Feeds.App Lite で提供されます。Feeds.App Lite で提供されるタグはダイナミックパブリッシングには対応していません。

  • MTFeedLink

    読み込んだ RSS フィードを持つサイトの URL を表示します。 このタグは標準プラグイン Feeds.App Lite で提供されます。Feeds.App Lite で提供されるタグはダイナミックパブリッシングには対応していません。

  • MTFeedTitle

    読み込んだ RSS フィードを持つサイトの名前を表示します。 このタグは標準プラグイン Feeds.App Lite で提供されます。Feeds.App Lite で提供されるタグはダイナミックパブリッシングには対応していません。

  • MTFolderBasename

    フォルダの編集画面の『パス』に設定された値(ベースネーム)を表示します。

  • MTFolderCount

    フォルダ内に作成されたウェブページ数を表示します。

  • MTFolderDescription

    フォルダの編集画面で入力したフォルダの『説明』を表示します。

  • MTFolderFooter

    MTFolders ブロックタグの中で、最後に一度だけ実行する条件タグです。

  • MTFolderHeader

    MTFolders ブロックタグの中で、最初に一度だけ実行する条件タグです。

  • MTFolderID

    フォルダの ID 番号を表示します。

  • MTFolderLabel

    フォルダの名前を表示します。

  • MTFolderNext

    現在のフォルダの次のフォルダの内容を表示するためのブロックタグです。例えば、このタグの中の MTFolderLabel ファンクションタグでは、次のフォルダの名前を表示します。

  • MTFolderPath

    トップレベルフォルダから現在のフォルダまでのディレクトリパスを表示します。例えば、ベースネームが foo のフォルダ配下に、ベースネームが bar のフォルダを作成したとき、bar フォルダに対する MTFolderPath タグの出力値は foo/bar です。

  • MTFolderPrevious

    現在のフォルダの前のフォルダの内容を表示するためのブロックタグです。例えば、このタグの中の MTFolderLabel ファンクションタグでは、前のフォルダの名前を表示します。

  • MTFolders

    フォルダの一覧を表示するためのブロックタグです。このタグは、メインフォルダもサブフォルダも区別せずに表示します。階層的に表示したいときは MTSubFolders ブロックタグを利用します。

  • MTHasParentFolder

    現在のフォルダに親フォルダが存在するときだけ実行する条件タグです。

  • MTHasSubFolders

    現在のフォルダに子フォルダ存在するときだけ実行する条件タグです。

  • MTIf

    設定した条件により実行内容を分けるためのブロックタグです。MTSetVar ファンクションタグや、MTSetVarBlock, MTSetVarTemplate ブロックタグで定義した変数を用いて条件文を作成します。 このタグは条件を満たした場合に実行します。条件を満たさない場合に実行する場合は、MTUnless ブロックタグを使用するか、MTIf ブロックタグの中で MTElse, MTElseIf ブロックタグを使用します。

  • MTIfArchiveType

    指定したアーカイブの種類でテンプレートが出力される場合にのみ実行する条件タグです。モディファイア archive_type もしくは type を指定することで、アーカイブの種類を指定できます。

  • MTIfCommenterIsAuthor

    コメントしたユーザーが、Movable Type に登録されているユーザーの場合にのみ実行します。

  • MTIfCommenterIsEntryAuthor

    コメントの投稿者が、コメント先の記事の作成者の場合にのみに実行される条件タグです。

  • MTIfCommentParent

    コメントに親コメントがある場合にのみ実行する条件タグです。

  • MTIfCommentReplies

    コメントに返信がある場合にのみ実行する条件タグです。

  • MTIfFolder

    コンテキスト内に指定されたフォルダが含まれる場合に有効になる条件タグです。

  • MTLoop

    ハッシュ(配列)変数をモディファイア name または var で指定すると、指定されたハッシュ(配列)の内容に応じてタグで囲まれた内容を繰り返し処理します。

  • MTMarkdownOptions

    Markdown フォーマットは通常 XHTML に変換されます。この変換結果を HTML フォーマットや、入力した Markdown フォーマットのまま表示させたい場合は、output モディファイアを利用して希望の出力フォーマットを指定します。 例えば html4 と指定した場合、<br /> は <br> となります。

  • MTMultiBlog

    Movable Type で管理している複数のブログの情報を表示します。モディファイアを利用して対象のブログを選択したり、表示の方法を設定できます。

  • MTMultiBlogIfLocalBlog

    MTMultiBlog ブロックタグで定義している中で、ローカルブログ (MTMultiBlog ブロックタグを利用して他のブログの内容を表示させたいブログ) の内容の場合にのみ実行する条件タグです。

  • MTMultiBlogLocalBlog

    MTMultiBlog ブロックタグで定義している中で、一時的にローカルブログ (MTMultiBlog ブロックタグを利用して他のブログの内容を表示させたいブログ) の内容を表示したい場合に利用します。

  • MTOtherBlog

    特定のブログコンテキストを作成します。囲まれた内容は、blog_id モディファイアで設定したブログ ID のコンテンツを扱うことができます。

  • MTPageAssets

    特定のウェブページで利用しているアイテムの一覧を表示するためのブロックタグです。ウェブページアーカイブか、MTPages ブロックタグの中で利用できます。

  • MTPageAuthorDisplayName

    ウェブページを作成したユーザーの『表示名』を表示します。セキュリティ上の理由により、ユーザー設定で『表示名』の設定が無い場合、何も表示されません。

  • MTPageAuthorEmail

    ウェブページを作成したユーザーのメールアドレスを表示します。 Movable Type のユーザーのメールアドレスをブログに表示することは、スパムの温床になるため推奨しません。

  • MTPageAuthorLink

    ウェブページを作成したユーザーの『表示名』をリンク付きで表示します。ユーザー情報の編集画面の『ウェブサイト URL』が入力されていれば URL へのリンクが付加されます。『ウェブサイト URL』が入力されていない場合、リンクは付加されません。もし、『ウェブサイト URL』が入力されておらず、且つ、『電子メール』が入力されている場合は、show_email モディファイアを 1 に設定することでメールアドレスへのリンクが付加されます。両方とも入力されていないときは、リンクは付加されません。

  • MTPageAuthorURL

    ウェブページを作成したユーザーの『ウェブサイト URL』を表示します。『ウェブサイト URL』はユーザー作成時やユーザー情報の編集画面で設定します。

  • MTPageBasename

    ウェブページの『出力ファイル名』(ベースネーム)を表示します。

  • MTPageBody

    ウェブページの本文を表示します。

  • MTPageDate

    ウェブページの公開日を表示します。日付に関係するフォーマットや言語に関するモディファイアを指定して表示をカスタマイズできます。

  • MTPageExcerpt

    ウェブページの『概要』に入力した内容を表示します。概要に記述がないときは、管理画面で指定した文字数だけウェブページの本文を先頭から表示します。

  • MTPageFolder

    ウェブページが属するフォルダに関する情報を取得するためのブロックタグです。

  • MTPageID

    ウェブページの ID 番号を表示します。

  • MTPageIfTagged

    タグがウェブページに設定されているときに囲まれた内容を処理するブロックタグです。tag または name モディファイアでタグ名を指定できます。

  • MTPageKeywords

    ウェブページの『キーワード』フィールドに入力した内容を表示します。

  • MTPageModifiedDate

    ウェブページの最終更新日時を表示します。日付に関係するフォーマットや言語に関するモディファイアを指定して表示をカスタマイズできます。

  • MTPageMore

    ウェブページの『続き』フィールドに入力した内容を表示します。

  • MTPageNext

    次のウェブページの内容を表示するためのブロックタグです。

  • MTPagePermalink

    現在のウェブページのアーカイブへの絶対 URL を表示します。

  • MTPagePrevious

    ひとつ前のウェブページの内容を表示するためのブロックタグです。

  • MTPages

    ウェブページの一覧を表示するためのブロックタグです。

  • MTPagesFooter

    MTPages ブロックタグの中で、最後のページのときだけ実行するブロックタグです。

  • MTPagesHeader

    MTPages ブロックタグの中で、最初のウェブページのときだけ実行するブロックタグです。

  • MTPageTags

    特定のウェブページに設定されたタグ一覧のためのブロックタグです。ウェブページ作成画面の『タグ』フィールドに入力したタグを表示します。モディファイア glue を使うと、タグの区切り文字を指定できます。

  • MTPageTitle

    ウェブページのタイトルを表示します。

  • MTParentFolder

    現在のフォルダの親フォルダを表示します。

  • MTParentFolders

    最上位のフォルダから現在のフォルダまでを繰り返して表示するブロックタグです。 glue モディファイアにより、フォルダをつなげる文字を指定できます。また、exclude_current モディファイアを指定することで、現在のフォルダを除外できます。

  • MTPingEntry

    トラックバックを受信した記事の内容を表示するためのブロックタグです。この中では記事に関係するタグを使うことができます。たとえば MTPingEntry ブロックタグで囲まれた MTEntryTitle ファンクションタグは、トラックバックを受信した記事のタイトルを表示します。

  • MTPingRank

    トラックバックに付けられたスコアを一定の範囲内でランク付けします。数値が小さい方が頻度が高くなります。 スコアを付けるには別途プラグインなどが必要です。

  • MTPingScore

    トラックバックに付けられたスコアの合計を表示します。

  • MTPingScoreAvg

    トラックバックに付けられたスコアの平均スコアを表示します。

  • MTPingScoreCount

    トラックバックに付けられたスコア合計回数を表示します。

  • MTPingScoreHigh

    トラックバックに付けられたスコアの中で一番高いスコアを表示します。

  • MTPingScoreLow

    トラックバックに付けられたスコアの中で一番低いスコアを表示します。

  • MTSearchScript

    ブログの検索用 CGI スクリプトのファイル名を表示します。MTCGIPath タグと組み合わせることで、スクリプトにアクセスする URL を生成できます。

  • MTSection

    挟み込んだブロックの内容をキャッシュします。このブロックタグは管理画面で使用されます。

  • MTSetVar

    変数を定義して値を設定します。変数を呼び出すときは、MTGetVar, MTVar ファンクションタグを利用します。 また設定した値は $name_foo として、モディファイアの値としても利用することができます。 変数の名前に、ハイフンを利用すると、$name-foo のような $ を利用したモディファイアを正常に評価できません。このため、ハイフンの利用はお控えください。

  • MTSetVarBlock

    このブロックタグで囲んだ内容を値にした変数を設定します。このタグの中ではテンプレートタグが利用できます。変数を呼び出すときは、MTGetVar, MTVar ファンクションタグを使います。 MTSetVarTemplate ブロックタグとの違いは、囲んだ内容が処理された結果が値となるか、囲んだ内容が処理されずテンプレートのまま値となるかです。MTSetVarBlock ブロックタグでは囲んだ内容が処理された結果が値となります。 設定した値は $name_foo として、モディファイアの値としても利用することができます。 変数の名前にハイフンを利用すると、$name-foo のような $ を利用したモディファイアを正常に評価できません。このため、ハイフンの利用はお控えください。

  • MTSetVarTemplate

    このブロックタグで囲んだ内容を値にした変数を設定します。変数を呼び出すときは、MTGetVar, MTVar ファンクションタグを使います。 MTSetVarBlock ブロックタグとの違いは、囲んだ内容が処理された結果が値となるか、囲んだ内容が処理されずテンプレートのまま値となるかです。MTSetVarTemplate ブロックタグでは囲んだ内容が処理されずテンプレートがそのまま値となり、MTGetVar, MTVar ファンクションタグで呼び出されたテンプレートで処理をおこないます。このテンプレートタグは主に管理画面で利用されます。 設定した値は $name_foo として、モディファイアの値としても利用することができます。 変数の名前にハイフンを利用すると、$name-foo のような $ を利用したモディファイアを正常に評価できません。このため、ハイフンの利用はお控えください。

  • MTSmartyPantsVersion

    Movable Type の標準プラグイン Markdown (+ Smarty Pants) のバージョンナンバーを表示します。

  • MTStaticFilePath

    mt-static (管理画面用の CSS ファイルなどの静的ファイルが格納されているディレクトリ) の場所を絶対パスで表示します。環境設定ファイル (mt-config.cgi) の環境変数 StaticFilePath の値が表示されます。

  • MTStaticWebPath

    mt-static (管理画面用の CSS ファイルなどの静的ファイルが格納されているディレクトリ) の場所を絶対 URL で表示します。環境設定ファイル (mt-config.cgi) の環境変数 StaticWebPath の値が表示されます。

  • MTSubCategoryPath

    最上位のトップレベルカテゴリから現在のカテゴリまでのディレクトリパスを表示します。パスは各カテゴリの『出力ファイル/フォルダ名』(ベースネーム)をもとに生成されます。例えば、foo というカテゴリに bar という子カテゴリがある場合は foo/bar と表示します。

  • MTSubCatIsFirst

    カテゴリ一覧を出力するループの中で最初のときだけ実行する条件タグです。サブカテゴリを含む一覧を <ul> タグで階層化するときなどに、MTSubCatIsLast タグと組み合わせて利用します。

  • MTSubCatIsLast

    カテゴリ一覧を出力するループの中で最後のときだけ実行する条件タグです。サブカテゴリを含む一覧を <ul> タグで階層化するときなどに、MTSubCatIsFirst タグと組み合わせて利用します。

  • MTSubFolderRecurse

    現在のフォルダに属する子フォルダの MTSubFolders ブロックを再帰的に表示します。max_depth モディファイアで再帰的に表示する深さを指定できます。max_depth="1" と指定すると現在のフォルダの直下の子フォルダまでを表示します。

  • MTSubFolders

    現在のフォルダの子フォルダを階層化して一覧表示するブロックタグです。MTSubFolderRecurse ファンクションタグと組み合わせることで子孫フォルダを表示します。

  • MTUnless

    設定した条件により実行内容を分けるためのブロックタグです。MTSetVar ファンクションタグや、MTSetVarBlock, MTSetVarTemplate ブロックタグで定義した変数を用いて条件文を作成します。 このタグは条件を満たさなかった場合に実行します。条件を満たした場合に実行する場合は、MTIf ブロックタグを使用するか、MTUnless ブロックタグの中で MTElse ブロックタグを使用します。

  • MTVar

    定義した変数から値を呼び出します。このテンプレートタグは MTGetVar ファンクションタグと同じ働きをします。 (エイリアス) ただし、value モディファイアを使用した場合は MTSetVar ファンクションタグと同じ働きになります。

  • MTWidgetManager

    このタグは現在、非推奨です。MTWidgetSet タグを使用してください。 name モディファイアで指定したウィジェットセットを表示します。 このテンプレートタグは MTWidgetSet ファンクションタグと同じ機能を持ちます (エイリアス)。

  • MTWidgetSet

    name モディファイアで指定したウィジェットセットを表示します。