movabletype.jp
検索

blog タグを含むテンプレートタグ (32)

  • MTBlogArchiveURL FUNCTION ブログに設定した『アーカイブ URL』を表示します。『アーカイブ URL』を設定していない場合は『ブログ URL』を表示します。URL の末尾には必ず / がつきます。
  • MTBlogCategoryCount FUNCTION ブログの総カテゴリ数を表示します。複数のブログを運用しているとき、下記のモディファイアを指定すると、複数のブログに登録されているカテゴリの数を表示します。
  • MTBlogCCLicenseImage FUNCTION ブログの設定で選択したクリエイティブ・コモンズ・ライセンスのバナー画像の URL を表示します。
  • MTBlogCCLicenseURL FUNCTION ブログの設定で選択したクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに関する内容が書かれているサイトの URL を表示します。
  • MTBlogCommentCount FUNCTION ブログの総コメント数を表示します。複数のブログを運用しているとき、下記のモディファイアを指定すると、複数のブログのコメント数を表示します。
  • MTBlogCustomFieldDescription FUNCTION 「ブログ」システムオブジェクトで作成したカスタムフィールドの『説明』を表示します。
  • MTBlogCustomFieldName FUNCTION 「ブログ」システムオブジェクトで作成したカスタムフィールドの『名前』を表示します。
  • MTBlogCustomFields BLOCK 「ブログ」システムオブジェクトで作成したカスタムフィールドを一覧で表示するブロックタグです。作成したすべてのカスタムフィールドを表示します。include モディファイアでは、指定したカスタムフィールドのみを表示します。exclude モディファイアに名前を指定したカスタムフィールドは表示しません。特定のカスタムフィールドだけを表示したいときは、個別のテンプレートタグを使用してください。
  • MTBlogCustomFieldValue FUNCTION 「ブログ」システムオブジェクトで作成したカスタムフィールドに入力した値を表示します。
  • MTBlogDateLanguage FUNCTION ブログの「日付の言語」で設定した言語名を表示します。 このタグは Movable Type 5.2.5 から導入されました。
  • MTBlogDescription FUNCTION ブログに設定した『説明』の内容を表示します。
  • MTBlogEntryCount FUNCTION ブログの総記事数 (公開している) を表示します。複数のブログを運用しているとき、下記のモディファイアを指定すると、複数のブログの記事の合計数を表示します。
  • MTBlogFileExtension FUNCTION ブログの公開の設定で指定したアーカイブの拡張子をピリオドを付けて表示します。
  • MTBlogHost FUNCTION ブログのホスト名を表示します。例えば、ブログ URL が http://www.example.com/blog/ の場合、www.example.com を表示します。
  • MTBlogID FUNCTION ブログの ID 番号を表示します。ブログには 1, 2, 3... といった正の整数の ID 番号が割り当てられます (必ずしも1から始まる連番になるわけではありません)。
  • MTBlogIfCCLicense BLOCK ブログの設定でクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを選択しているときに実行する条件タグです。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを選択していないときは実行されません。
  • MTBlogIfCommentsOpen BLOCK ブログでコメントを受け付けるよう設定していて、且つ、認証方式の設定において匿名ユーザーからコメントを受け付けるよう設定している場合に、このタグで囲んだ部分を実行します。
  • MTBlogLanguage FUNCTION ブログに設定した「使用言語」を表示します。
  • MTBlogName FUNCTION ブログの名前を表示します。
  • MTBlogPageCount FUNCTION ブログの総ウェブページ数 (公開している) を表示します。複数のブログを運用しているとき、モディファイアを指定すると、複数のブログのウェブページの合計数を表示します。
  • MTBlogParentWebsite BLOCK ブログのコンテキストから、ブログが所属している親ウェブサイトを取得するブロックタグです。例えば、親ウェブサイトの ID を以下のサンプルように取得できます。
  • MTBlogPingCount FUNCTION 特定のブログの総トラックバック数(公開済み)を表示します。迷惑トラックバックや未公開のトラックバックの数は含まれません。また、複数のブログを運用しているとき、下記のモディファイアを指定すると、複数のブログのトラックバックの合計数を表示します。
  • MTBlogRelativeURL FUNCTION ブログの URL を相対 URL で表示します。例えば、ブログ URL が http://www.example.com/blog/ の場合は /blog/ を表示します。
  • MTBlogResultFooter BLOCK 検索結果の表示に利用します。検索結果のリスト内で、記事が所属するブログ(コンテキスト内の Blog ID)が切り替わる際に、このブロックタグの内容をフッターとして表示します。
  • MTBlogResultHeader BLOCK 検索結果の表示に利用します。検索結果のリスト内で、記事が所属するブログ(コンテキスト内の Blog ID)が切り替わる際に、このブロックタグの内容をヘッダーとして表示します。
  • MTBlogs BLOCK ブログの一覧を表示するためのブロックタグです。
  • MTBlogSitePath FUNCTION ブログの管理画面で設定した『ブログパス』の内容を表示します。ウェブブラウザで表示する URL ではなく、サーバールートからブログディレクトリまでの絶対パスを表示します。パスの末尾には必ずスラッシュ (/) がつきます。
  • MTBlogTemplateSetID Movable Type 5 以降では MTBlogThemeID タグを使用してください。 ブログに適用されているテーマ(テンプレートセット)の識別子を表示します。 表示される識別子は、数値ではなく文字列になります。例えば、「クラシックブログ」テーマを適用しているブログでは、Classic Blog が表示されます。 識別子にアンダースコアが含まれている場合はハイフンに置換されます。例えば、Classic_Blog は Classic-Blog となります。
  • MTBlogThemeID FUNCTION ブログに適用されているテーマの識別子を表示します。 表示される識別子は、数値ではなく文字列になります。また、識別子にアンダースコアが含まれる場合はハイフンに置換されます。 例えば、「クラシックブログ」テーマ (classic_blog) を適用している場合は classic-blog が表示されます。
  • MTBlogTimezone FUNCTION ブログの設定で指定した時間帯 (タイムゾーン) を表示します。協定世界時 (UTC、世界標準時) からの時差が表示されます。
  • MTBlogURL FUNCTION ブログの絶対 URL を表示します。
  • MTIfBlog BLOCK ブログのコンテキストにあるときに実行する条件タグです。